外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 半導体製造装置で世界シェア3位の東京エレクトロンと同首位の米アプライドマテリアルズは24日、2014年後半に経営統合することで合意したと発表した。新会社の売上高は世界最大となり、ライバルであるオランダのASMLを大きく引き離す。都内で記者会見した東京エレの東哲郎会長兼社長は「日米でまれにみる対等合併だ」と説明した。東会長兼社長は「(両社の経営)統合によって相当のコスト削減効果がある」と述べた。

共同通信