外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 5日の東京外国為替市場の円相場は一時1ドル=100円09銭まで円安が進み、7月25日以来、約1カ月半ぶりの円安水準となった。午後5時現在は前日比38銭円安ドル高の1ドル=99円96~97銭、ユーロは69銭円安ユーロ高の1ユーロ=131円73~77銭。朝方は米株高を背景に円売りドル買いがやや優勢だった。その後、円を買い戻す動きも見られ、夕方にかけて、日米の金利差の拡大を背景に投資家がドルを買う姿勢を強めた。

共同通信