外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け1日の東京外国為替市場の円相場は一時、2007年8月以来、約7年4カ月ぶりの円安水準となる1ドル=119円台を付けた。原油価格の下落に伴いドルが買われた。東京株式市場の日経平均株価も円安を好感し約7年4カ月ぶりの高値水準となった。

共同通信