外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 年明け4日の東京外国為替市場の円相場は、米国の減税失効と歳出削減が重なる「財政の崖」の回避に、米連邦準備制度理事会(FRB)が早期に金融緩和を見直すとの観測も加わり、円売りドル買いが先行。一時1ドル=88円台前半で取引され、2010年7月下旬以来、約2年5カ月ぶりの円安水準となった。午後5時現在は休日前の昨年12月28日に比べ1円77銭円安ドル高の1ドル=88円08~10銭。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信