外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1日午後の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円後半で取引された。午前は約6年1カ月ぶりの円安水準となる1ドル=110円台まで急速に円が下落した。午後は、いったん利益を確定させようとする円買いドル売りの動きが強まり、もみ合った。

共同通信