外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京医科大の不正入試に関する内部調査報告書が、不正に加点した受験生側から、前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=と、前学長の鈴木衛被告(69)=同=が現金を受け取っていた疑いがあることに言及していることが7日、関係者への取材で分かった。臼井被告は調査に不正に加点した理由を「卒業生から強い要望があった」と話しているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信