外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの損失隠し問題で、来日中の英国人マイケル・ウッドフォード元社長(51)が24日、東京・霞が関の法務・検察合同庁舎に入り、捜査を進めている東京地検特捜部の事情聴取を受けた。ウッドフォード元社長は、庁舎前に集まった報道陣に「地検とのミーティングを楽しみにしている」と述べた。同日中に証券取引等監視委員会と警視庁も訪れ、それぞれの事情聴取に応じる予定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信