外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年12月の衆院選で、自民党の徳田毅衆院議員(42)=鹿児島2区=の選挙運動に父親の虎雄氏(75)が創設し全国に病院を展開する徳洲会グループの職員が多数参加し、見返りとして報酬が支払われていた疑いが強まり、東京地検特捜部は17日、公選法違反(買収)の疑いで徳洲会の東京本部など関係先を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した。関係者によると、選挙運動にはグループ系列の病院に勤める職員ら200人以上が参加。

共同通信