ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東京地裁、竹島含め文書開示命令

 1951~65年の日韓国交正常化交渉の外務省文書をめぐり、日本の歴史研究者や戦後補償を求める韓国人らが全面開示を求めた訴訟の判決で、東京地裁は11日、竹島問題の交渉記録を含む文書の不開示処分計382件のうち、約7割について全文または一部の開示を命じた。判決によると、竹島問題で韓国と交渉した際の文書では44件の不開示処分がされた。国側は、公開すれば韓国との交渉で不利益になる恐れがあると主張した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。