外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 裁判員裁判で遺体や事件現場の写真などショッキングな証拠を見た体験が裁判員の重い心理的負担になるのを避けるため、東京地裁は1日までに、そうした写真が証拠になる事件では裁判員選任手続きの段階で候補者に予告することを決めた。裁判員候補者に「心の準備」をしてもらい、心的外傷(トラウマ)の恐れを感じた場合は選任前に辞退できるようにする。証拠の遺体写真などはイラストなどの使用を検討することも決めた。

共同通信