外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 27日の東京外為市場の円相場は、市場関係者によると、一時、1ドル=75円84銭近辺まで上昇し、同市場での最高値を更新した。市場では、政府、日銀による円売りドル買いの為替介入が実施されるとの警戒感が強かった。だが、午後になっても政府が一向に介入に踏み切らないため、「介入は口先にすぎないとの見方が広がった」(外為ブローカー)という。午後5時現在は前日比01銭円安ドル高の1ドル=75円92~93銭。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信