外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 13日の東京株式市場は、外国為替市場での円高傾向を嫌気した売り注文が優勢となり日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比15円39銭安の8661円05銭で、ことし4月上旬以来約7カ月ぶりに7営業日連続で株価が下落した。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は0・02ポイント安の722・56。出来高は約14億9500万株だった。アジアの主要な株式市場が総じて軟調なことも売りを誘った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信