外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都の水力発電所で発電した電気を、大口向けに電力を供給する特定規模電気事業者(新電力)にも販売できるようにする改正条例が4日、都議会で可決、成立した。これまで販売先は、東京電力1社に事実上限定されていた。都は競争入札で業者を選定することで、増収と電力市場の活性化を図る方針。一部の新電力事業者は「電力調達先の選択肢が増える」と歓迎。都によると、複数の事業者が入札参加に前向きな姿勢を示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信