外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都は27日、大規模地震発生時の液状化被害の予測図を見直した。荒川、隅田川周辺など東部の低地に「液状化の可能性が高い地域」と「可能性がある地域」が集中する傾向はこれまでと変わらないが、地盤を詳しく調べたことで、二つの地域の合計がこれまでより15%増の約269平方キロとなった。予測図は前回1986~96年度に作成。東日本大震災で広範囲に被害が出たため見直した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信