外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 最大5・00倍の「1票の格差」があった7月の参院選を違憲とした17日午後の東京高裁判決で、南敏文(みなみ・としふみ)裁判長は「国会は少なくとも、1947年の旧参院議員選挙法(現公選法)の制定当時の2・62倍を拡大しないよう絶えず立法上の配慮をすべきだった」と指摘した。最高裁によると、参院選での違憲判断は6・59倍だった92年選挙に関する93年の大阪高裁判決以来。同種訴訟に影響を与えるのは必至。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信