外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本列島は6日、大気の状態が不安定になり、東海や東北、関東甲信の一部で激しい雨が降った。立秋の7日は広い範囲で気温35度以上の猛暑日となる恐れがあり、気象庁は熱中症への注意を喚起した。気象レーダーによる解析では、愛知県大府市や群馬県安中市付近などで6日、1時間に90~110ミリの猛烈な雨が降ったもよう。秋田県大仙市では62・0ミリの激しい雨を観測。大雨で地盤が緩んだ所では土砂災害への警戒が必要だ。

共同通信