外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は16日、東北から沖縄の広い範囲で気温の高い状態が続くとして、熱中症への注意を呼び掛けた。北日本や北陸では同日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意が必要だ。北日本では上空に強い寒気が入り、気温の上昇とともに大気の状態が不安定になる見込み。発達した積乱雲が近づいてきたら、建物の中に移動するなどして安全を確保するよう求めた。

共同通信