外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は24日、東北と北陸地方は25日にかけて断続的に激しい雷雨になるとして、警戒を呼び掛けた。北陸は24日夕にかけ、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。東北はこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、土砂災害への厳重な警戒が必要だ。気象庁によると、朝鮮半島にある低気圧から延びる前線は、25日にかけて東北と北陸にかかる予想。湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になる。

共同通信