外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は18日、東北と東海で局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る所があるとして、土砂災害や河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けた。落雷や竜巻にも注意が必要だ。気象レーダーによる解析では、静岡県河津町付近で18日未明、1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表した。19日朝までの24時間予想雨量は、多い所で東北120ミリ、東海100ミリの見込み。

共同通信