外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東北電力は29日、国の指示で調査中の東通原発(青森県東通村)敷地内の地層のずれについて「活断層ではない」とする中間報告を原子力規制委員会に提出した。東北電はこの日、調査現場を公開し、活動性が議論になっている2カ所について「岩盤の劣化部分が地下水を吸って膨張し、上の砂利の層をずらした」との見解を説明。ずれは地下10メートル前後の表層部で途切れており「地震を起こすような断層とは違う」と主張した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信