外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮崎県の東国原英夫知事(53)が、来年4月の東京都知事選出馬の検討を本格化させていることが27日、関係者への取材で分かった。来月20日の任期満了を控え、都内で事務所などの活動拠点づくりを進めており、都政の課題なども学んでいるという。ただ、周辺には「流動的な国政の方もにらんでいかなければならない」と話しており、状況を慎重に見極めた上で判断する意向とみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信