外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 文化審議会(宮田亮平会長)は13日、国宝に東大寺(奈良市)の「木造弥勒仏坐像」と、醍醐寺(京都市)の「木造虚空蔵菩薩立像」を指定するよう文部科学相に答申した。1935年に法隆寺金堂(奈良県斑鳩町)の壁画を撮影した写真原板や、中世の村上水軍が発給した海上通行証「過所船旗」など美術工芸品39件の重要文化財指定も求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信