外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東大寺の講堂建築時(756年ごろ)に、屋根瓦を供給していた可能性がある工房跡の一部が奈良市高畑町の奈良公園内にある民家の敷地で見つかり、奈良県立橿原考古学研究所が20日、発表した。同研究所は「東大寺の建築過程を知る上で貴重な発見」としている。周辺は東大寺の領域を示した正倉院宝物「東大寺山堺四至図(さんがいししず)」で「瓦屋」との表記がある場所。発掘は今回が初めて。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信