外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 架空の研究費名目で東大と岡山大から計約2180万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は25日、詐欺の疑いで東大政策ビジョン研究センター教授の秋山昌範容疑者(55)を逮捕した。容疑は業者と共謀し、東大から研究事業を受注したように装った偽の納品書や請求書を提出。東大から約1890万円を振り込ませ、詐取した疑い。また10年3月同様に業者と共謀し、岡山大に架空の研究費を請求、約290万円を詐取した疑い。

共同通信