外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京六大学野球リーグ第5週第2日は8日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、東大が法大を8―7で破り、慶大は明大を2―1で下してともに連勝で勝ち点を挙げた。東大は2002年秋に立大戦で奪って以来15年ぶり、30季ぶりとなる勝ち点となった。法大戦での勝ち点は1993年秋以来。勝ち点2とした慶大は岩見がリーグ新記録となる5試合連続本塁打をマークし、春秋合計で11本塁打としてリーグ年間最多に並んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信