外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は29日、東日本を中心に大気の状態が不安定になり、激しい雨が降る所があるとして警戒を呼び掛けた。西日本の日本海側でも、30日未明以降は再び非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁によると、北陸と東海は29日、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所がある。30日朝までの24時間に多い所で150ミリの雨が予想される。竜巻などの突風や落雷、ひょうにも注意が必要だ。

共同通信