外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本と東北地方は27日、大気の状態が不安定となり、気象庁によると、栃木県大田原市では観測史上最多となる1時間に87・0ミリの猛烈な雨が降った。気象庁は、28日にかけて激しい雨が降る所があるとして、土砂災害や河川の氾濫、竜巻などの突風や落雷に警戒を呼び掛けている。28日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、東北と関東甲信150ミリ、北陸120ミリ。

共同通信