外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 台風18号の影響による大雨で特別警報が発表された栃木県など関東や東北では10日も豪雨が降り続いた。栃木県では河川の氾濫や土砂災害が発生、1人が心肺停止とみられ、1人が行方不明。気象庁は「重大な危険が差し迫った異常事態」と判断し、栃木県に続き茨城県にも特別警報を発表した。東日本では11日にかけて土砂災害や河川の増水に最大級の警戒が必要だ。

共同通信