外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は3日、6~8月の夏の天候まとめを発表した。東日本(関東甲信、北陸、東海)は平年より1・7度高く、1946年の統計開始以降、最も高くなった。西日本(近畿、中四国、九州)はプラス1・1度で史上2位の暑さだった。気象庁の竹川元章予報官は「東日本と西日本を中心に記録的な夏だった」と総括した。6~8月に発生した台風は18個で、51年の統計開始以来、94年と並んで最も多かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信