外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東洋ゴム工業は10日、2015年6月中間連結決算で、免震装置ゴムのデータ改ざん問題の関連費用として、計304億円を特別損失に計上したと発表した。1~3月期で140億円を損失に計上しており、今回164億円を追加計上した。特損の追加計上で6月中間連結決算の純損益は41億円の赤字に転落した。

共同通信