外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海地震発生の危険度に応じて、3段階で住民らに防災対応を促す「東海地震に関連する情報」の意味が正しく理解されていない恐れがあるとして、気象庁は伝達手法などの改善策を話し合う検討会を4日に開く。昨年8月、静岡県の震度6弱の地震で、同庁は「東海地震観測情報」を発表。後日の住民アンケートでほぼ半数が「東海地震が起きたと思った」などと誤解していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信