外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝の不適切会計問題をめぐり、経理担当者が利益水増しの発覚を避けるため、監査法人に提出する財務書類の内容に矛盾が生じないよう、数字などを操作していたことが18日、分かった。証券取引等監視委員会は、巨額の利益の過大計上が有価証券報告書などの虚偽記載に当たる可能性があるとみて、東芝に課徴金を課すよう金融庁に勧告することを検討する。

共同通信