外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝は不適切会計問題の拡大を受け、前社長の佐々木則夫副会長(66)が9月に開く予定の臨時株主総会で取締役を退く方向で調整していることが9日、分かった。会計問題で資金調達が難しくなることに備えた資産売却では、子会社の米原子力関連企業ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の株式の一部売却も検討している。過半数は保有を続ける方針。

共同通信