外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝の不適切会計を調査している第三者委員会の報告書の骨格が固まり、巨額の利益の過大計上を見抜けなかった内部の監査体制の不備を批判したことが16日、分かった。過大計上が意図的に行われ、歴代社長が関与していたことも指摘したとみられる。報告書は21日にも公表する。

共同通信