ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東芝半導体、日米韓に売却へ

 東芝は20日の取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)を、覚書を締結して交渉中だった米ファンドのベインキャピタルが主導する「日米韓連合」に売却する方針を決めた。日米韓連合による買収総額は約2兆4千億円とみられる。関係者が明らかにした。最終契約を急ぐ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。