外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝の不適切会計問題を調べている第三者委員会は、田中久雄社長(64)や前社長の佐々木則夫副会長(66)が過大な利益目標の達成を迫る指示をするなど、意図的な関与があったと認定する方向で、大詰めの調査を進めていることが11日、分かった。第三者委は歴代社長の関与で巨額の利益水増しに至った全容の解明を急ぎ、17日にも調査報告書をまとめる。

共同通信