外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経営再建中の東芝の米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が米連邦破産法11条の適用申請を決め、手続きに入ったことが29日、分かった。東芝も同日の取締役会で承認した。関係者が明らかにした。申請すれば即日適用される見通しだ。日本の民事再生法に相当する再建型の破綻処理で、東芝は1兆円規模に上るとみられる損失額を確定する。WHを連結対象から切り離し、海外の原発事業からも撤退、財務基盤を立て直す。

共同通信