外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝の不適切会計問題で、過大に計上していた連結営業利益が、最大で2千億円程度に膨らむ見通しになったことが8日、分かった。問題拡大に伴う信用力の低下で、資金調達が難しくなる事態に備え、主な取引銀行に対し5千億~6千億円規模の融資枠の設定を要請することや、保有する株式や不動産などの資産売却も検討する。

共同通信