外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東芝は利益水増し問題を受け、取締役会議長に社外取締役で東京理科大教授の伊丹敬之氏を起用する方向で調整していることが1日、分かった。暫定的に社長を兼務している室町正志会長が、9月下旬の臨時株主総会後、社長を続投することも固まった。室町氏は社長に専念し、会長は空席とする公算が大きい。

共同通信