東芝は13日、取締役会を開き、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却で、米ファンドのベインキャピタルが主導し、韓国半導体大手SKハイニックスが加わる「日米韓連合」と覚書を結んで本格交渉することを決めた。これまで「日米連合」を本命視してきたが、陣営に影響力を持つ協業相手の米ウエスタン・デジタル(WD)が強硬姿勢を続けており方針転換する。売却交渉の迷走に拍車が掛かっている。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。