外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け20日の東京株式市場は、世界経済への懸念がやや後退したことで日経平均株価(225種)は大幅上昇し、前週末比578円72銭高の1万5111円23銭で取引を終えた。3営業日ぶりに1万5000円台を回復した。平均株価の上げ幅はことし最大で、昨年6月10日(636円)以来の大きさ。

共同通信