外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京証券取引所は2日朝、相場情報の配信システムに障害が発生し、株式など全上場銘柄の約1割に当たる241銘柄を一時売買停止にしたと発表した。午前9時の取引開始前に売買・配信システム「アローヘッド」のサーバーに不具合が生じたためで、原因は調査中。午後0時半から取引を再開した。売買停止になったのは個別株222銘柄のほか、上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)など。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信