外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 16日午前の東京株式市場は売り注文が膨らみ、日経平均株価(225種)の下げ幅は一時270円を超えて、1万3000円割れ寸前となった。米ボストンでの爆発や世界経済の減速懸念を受けて、投資家がリスク回避姿勢を強めたため。15日の米国株の大幅続落に加え、外国為替市場でドル売り円買いが進み、一時1ドル=96円台となったことも嫌気された。平均株価の午前終値は、前日終値比140円16銭安の1万3135円50銭。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信