31日の東京株式市場は、日銀が金融政策決定会合で金融政策の修正を決めたことに対して投資家の思惑が交錯し、荒い値動きとなった。日経平均株価(225種)は乱高下して高値と安値の幅は300円を超え、長期金利は大幅に下落した。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。