外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 21日の東京株式市場は日銀の金融緩和策の修正を受け、日経平均株価(225種)が大幅反発し、前日比315円47銭高の1万6807円62銭で取引を終えた。国債市場では長期金利の指標である新発10年債の利回りが一時、約半年ぶりにプラスに転じ、外国為替市場の円相場は1ドル=101円から102円台後半で乱高下した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信