外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け23日の東京株式市場は、米トランプ政権の保護主義的な政策への警戒感や、減税やインフラ投資の具体策が見えないことへの失望感から売り注文が膨らんだ。日経平均株価(225種)は前週末比246円安と4営業日ぶりに大幅反落し、節目の1万9000円を割り込んでトランプ氏の大統領就任後初めての取引を終えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信