外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け2日の東京株式市場は、貿易や投資を巡る米中対立の激化や日銀の企業短期経済観測調査(短観)での景況感悪化を背景に景気の先行きへの警戒感が広がり、日経平均株価(225種)は急落した。下げ幅は一時500円を超え、終値は前週末比492円58銭安の2万1811円93銭と4月中旬以来、約2カ月半ぶりの安値となった。終値の下げ幅は今年6番目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信