外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 週明け18日の東京株式市場は、主要産油国による増産凍結協議の不調を受けた原油先物価格の下落や、熊本県を中心とする地震の企業活動への影響拡大を懸念する売り注文でほぼ全面安となった。日経平均株価(225種)は大幅続落し、前週末比572円08銭安の1万6275円95銭で取引を終えた。外国為替市場では円が買われ、一時1ドル=107円台後半に急伸した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信