外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 10日の東京株式市場は、イタリアの財政危機が世界的な金融や経済の混乱に波及するとの懸念からほぼ全面安となり、日経平均株価(225種)は大幅反落。前日比254円64銭安の8500円80銭で取引を終えた。下落幅は今年5番目の大きさ。終値の8500円台は10月6日以来、約1カ月ぶり。外国為替市場ではユーロが各国通貨に対して大幅に下落するなど、欧州財政危機による世界経済への影響に市場の動揺が広がった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信