外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 世界経済の先行きへの不安が広がり、株式市場を揺さぶっている。21日の日経平均株価の終値は節目の2万円を大きく割り込み続落し、下げ幅は597円とことし2番目の大きさとなった。中国経済が失速するとの懸念や米国の利上げが成長を減速させるとの見方から20日の欧米株価が下落。アジア株にも波及し、世界的に株安が連鎖した。

共同通信